表装専門店 作品の表装(軸装・額装) 素敵な掛け軸・額にしませんか?修理・修復・表具材料販売もお任せください
表装屋ご案内 FAX
書道道具専門店書道道具専門店
絵手紙
絵手紙
赤ちゃん筆赤ちゃん筆
硯
篆刻篆刻
掛け軸 額 表装
表装
写経
写経
色紙
色紙
習字
習字
水墨画
水墨画
筆ペン
筆ペン
古本
書道専門書古本
ホーム紙の種類
全紙(ぜんし)

4尺5寸×2尺3寸(1.364m×69.7cm)

半切(はんせつ)

4尺5寸×1尺1寸5分(1.364m×34.85cm)

全紙の幅を縦に半分に切ったサイズ。書道作品では最も一般的なサイズ。

聯落(れんおち)

4尺5寸×1尺6寸もしくは1尺7寸くらいまで(1.363m×48.48cm~51.52cm)

全紙を4分の1もしくは3分の1切り落としたものを「聯」と言う。その残りが「聯落」と言う。

厳格なサイズの規定がない為、表装をオーダーの際、誤解が生じやすいので、オーダーの際は作品サイズを数字で伝えるのが最も確実。

聯幅(れんぷく)

4尺5寸×6寸か8寸(1.363m×18.18cm)

全紙から聯落をとった余り。

横物(よこもの)

縦の寸法が横のサイズより小さいものを一般的に「横物」と言う。

長条幅(ながじょうふく) 現状5尺(1.52m)以上の作品を言うが、定まった寸法はない。
懐紙(かいし) 現状縦50cm・横37cmのものが一般的
短冊

1尺2寸(36.36cm×6.06cm)

懐紙を縦に8等分したものが定寸となっている。

色紙 縦9寸(27.27cm)横8寸(24.24cm)
豆色紙

色紙を十字に4等分したもの。

縦に3等分したものは「豆短冊」と言う。

美濃判

9寸3分×1尺3寸3分(28.18cm×40.3cm)

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス